羊雲

復路の羊のふんわりノート

迎春🌸年賀状…うーん、びっしり!

あけまして、おめでとうございます🌸

…て、もう明けて月半ばを過ぎてますね。。。

 この、どんくさい始まり方が私らしくもあるのですが、昨年末から準備を始めていた

*マイブログ*がようやく オープン ♪ でございますから、

 やはり、あけまして、おめでたいのでございます!

(本当は、もっとカスタマイズしたいのですが、えっちらおっちらの私ですから、それではいつまでたっても始まらないので、この辺でスタートしながらということに…)

年始めと言えば年賀状?!の世代ですから…、私はまだまだ毎年年賀状を書いています。(今や高校生の息子は、1枚も書いてなかったなあ…。小学生の頃は数枚は出してたのに…、スマホを持つようになってからは、0!ゼロ!!)

f:id:white-ivy:20180129211910j:plain
f:id:white-ivy:20180129211650j:plain
f:id:white-ivy:20180129211620j:plain

                                                                  私が過去差し出した年賀状です ↑ 

真ん中は14年前。まだ小さかった息子♡&若いママだった私♪…この頃は単純明朗でほんとにかわいかったのに…。もう、この頃の息子はいません。…いえ、今や別人のように親離れし、しっかり、小生意気な今ドキの高校生に成長したのです。この小さな男の子は、私のことを「ママ」と呼ばなくなり、声変わりし、骨っぽいながらもなめらかに筋肉がつき、わりと長身な私の背を追い越して…、私の保護活動は終了しました。たった一人だったから、あっという間だったけど、私は思う存分集中して全力で育てました!…そして今、本来ならば猛烈受験生であったはずの高3の息子は、早々に推薦で志望する大学に合格を決め、今は毎日まったり時々バイトの生活をしています。同級生のほとんどがより偏差値の高い大学への受験勉強をコツコツと頑張るアリさん達の中、偏差値よりも自分のやりたいことを重視した進学を選んだ息子は、キリギリスのように後々苦労がやってくるかもしれませんが、それも覚悟で自分で選んだ道。親は見守りながらも、目がくらむような学費を支払うべく、猛烈働きアリとなって頑張るのみ!!(…かつて、自分たちが親にしてもらったように…)

~途中からは、今年の年賀状より一部抜粋になっています。

そう、右側の写真は…文字びっしり!ですが、ここ数年このように私が差し出している年賀状です。(デザインのセンスの無さはさて置き…)とにかく1年を振り返った近況を友人・親戚に毎年つづっています。文字は小さめ、行間を詰め、余白スペースを最小限にしても、伝えたいことが入りきらず文章を削るのに苦労しています。あ、でもものすごーく多趣味 ♪ とかじゃなく、普通に派遣就労している主婦ですから、中身はいたって日常の事なのですが…それでも1年分をあの小さなハガキに詰めるのは大変で、息子がまだ小さい時はその成長を知らせるべく写真と文章のせめぎ合いでしたが、いつのまにかその成長ぶりは文章で伝えるように…。が、当の息子や旦那には「そんな年賀状…気持ち悪い。。。」と冷ややかな目で見られています。(そう!辛口なんです…2人とも。息子は中辛!旦那は大辛!!…私は甘口と言うより、甘ちゃんで…カレーな家族???)

でもぉ、遠くに住むめったに会えない学生の頃からの友人や、結婚・出産とお祝いを頂きながらもこれまた遠方に住んでいるためなかなか会えない親戚に向けてですから…センスあふれるかわいいイラストやフォトギャラリーのような年賀状もいいのですが、そのセンスにかける時間よりも文章で伝えたい私は、こうなってしまうのです。

というわけで、

口はおしゃべりでないのに、活字になるとおしゃべりな私のブログ、

始まり、始まりー…パチパチパチ。。。🌸

(一人劇場ですからね!構成、演出、照明、音響…全部一人でやらなくちゃね!…でも、好きなだけマイペースでできるって、究極にフリーで楽しいっ♪…結果、何度も何度も更新かけちゃってます!ホホホ ♪ )

 

追記;一昨年、右眼の黄斑前膜の手術をしましたので、術後の経過については<黄斑前膜>のカテゴリーに記録していきますが、それ以外の<フリー>カテゴリーにはどこまでも続く羊雲に乗って、ふんわりといきましょう。。♪

追記2;写真変更&文章大量追加しました ♪

写真はクリックすると拡大されて(はてなブログの自動機能なんです)文章も読めちゃいますね…。そもそも年賀状というオープンな紙面につづっているので、そんな秘密にしなくちゃならないことは書いてありません。真ん中の年賀状、息子が4才の時の七夕のお願いは「パン屋さんになりたい」だったと書いています。幼稚園の誕生日会で先生に質問されて、元気よく答えていました。初耳でした。きっと事前打ち合わせがあって、息子なりに考えて決めたんだろうなと思いました。なんといっても、即答でしたから!パン屋さんになりたいなんて…後にも先にもこの時だけでした。(しかも、年賀状の最後のほうは「…パパと一緒に会社に行く!」と七夕から半年後にはもう会社員に変わってるし…。)誕生日会の時、そのあとに続いた「一番好きなパンは、なんですか?」という質問には、「…」沈黙。好きなパンがたくさんあって迷っていたのか…(でも、あんパンとクリームパンと食パンぐらいしかまだ知らなかったのに…)、事前打ち合わせで聞いていない質問に戸惑ったのか…、結構沈黙だったので、すぐそばにいた私が「クリームパンじゃない?」と耳打ちすると、かぶせるように大きな声で「クリームパンです!」と答えていました。…だけど、この春進学する大学を卒業しても、パン屋さんにはなれないんですけどね。。。

(この誕生日会は映像として残ってるんですが、となりに座っていた女の子は将来なりたいものという質問に「うさぎです!」と答えていたのも何ともかわいくて…、ま、確かにうさぎ年生まれなんですけどね。。♪)

 

 

<